前へ
次へ

家庭脱毛治療ではなく医療機関へ

理容室や美容院へ行った時、円形脱毛を知らされたと言う経験を持っている人も多いと思われます。
後頭部付近に出来ることが多く、自分では気がつかないうちに出来てしまう場合が一般的となっています。
この円形脱毛症になる原因はハッキリと判ってはいないのですが、ストレスが原因と言う説は昔から聞かれます。
ストレスが原因で毛が抜けると言うことは動物実験でも実証されているのですが、そのメカニズムは解明されていません。
考えられる原因として自己免疫疾患と言われますが、まだまだ真相には行きついていないのが原状です。
軽症である場合は家庭脱毛と言う方法で、我慢をすることで快復へ向かいますが、重症になると家庭脱毛方法では治ることが難しくなります。
重症化した人はストレスを感じることが少ないことも特徴で、その原因を掴むことは難しいとされています。
重症化することで、円形脱毛の個所が一ヵ所に留まらず、三ヵ所四か所と増えて行くことになりかねません。
そうなる前に早めに病院へ行き、治療を受けることが回復への近道と考えられます。

Page Top