前へ
次へ

安全に家庭脱毛をするために保冷剤で冷却を

家庭脱毛器を安全に使うコツの一つは、冷却をしながら照射を繰り返すことです。
脱毛サロンのような大きなマシンで強力な光の照射とは異なり、家庭脱毛器は誰でもすぐに使えるように、サイズもコンパクトで出力も弱く設計をされています。
それでも毛を減らす力はしっかりと持っているので、使い方を守るのは大切です。
照射をする前に肌を保冷剤で冷やして、ヘッドをあてて照射をしたら、股保冷剤で冷やしてを繰り返します。
マシンの使い方やサイズにもよりますが、ある程度のサイズのマシンであれば、保冷剤で冷やすのがスタンダードです。
ケーキやお総菜を買った時に無料で付けてくれる保冷剤を、冷蔵庫に冷やしておいて、脱毛をする時に使うようにします。
使った後は水洗いなどをして、清潔な状態にして保管をすることも忘れません。
冷凍庫に入れて凍らせて使うのであれば、直に肌につけるのではなく、タオルや布で包んで肌に押し当てるようにします。
いずれにしても脱毛時に、冷却をすることは必要です。

Page Top