前へ
次へ

健康な状態で家庭脱毛器を使うのが基本

脱毛サロンで施術を受ける前に、エステティシャンに体調を聞かれることがありますが、それは健康な状態で脱毛をするのが前提だからです。
風邪をひいて熱が出ていたり、体調不良で具合が悪い時、脱毛をするのは向いていません。
これはエステサロンでの脱毛に限った気音ではなく、家庭脱毛器を家で使う時にも、同様に体調が悪い日には行うのは控えます。
予約を取り出掛けて行く脱毛サロンとは違い、胃で自分でする家庭脱毛器での処理は、自分の都合に合わせてできるので気持ちは楽です。
でも熱があったり生理通がひどかったり、何かしらの体調のコンディションの悪さを感じているなら、家での脱毛も控えるようにします。
業務用のマシンよりは出力も低いですが、光を照射して脱毛効果を出すことに変わりはありません。
具合の悪い時は免疫力が下がっているので、照射時の痛みが強く感じたり、肌荒れを起こす可能性もあるので、コンデョションが戻ってから脱毛をするようにします。

Page Top